演劇集団キャラメルボックス

演劇集団キャラメルボックス

1985年、早稲田大学の学生演劇サークル「てあとろ50'」出身の成井豊、加藤昌史、真柴あずき、らを中心に結成された劇団。 1994年、新幹線を使って上野から岩手まで一泊二日で往復する「シアターエクスプレス」を成功させ、ニュースやワイドショーでも話題に。 1995年、上川隆也(2009年退団)がNHKドラマ『大地の子』に大抜擢。1996年春には観客動員が3万人を突破。 作風は、一言でいえばエンターテインメント・ファンタジー。 近年は、北村薫氏、梶尾真治氏、恩田陸氏、東野圭吾氏など、人気作家の小説を次々と舞台化。 2019年(令和元年)5月31日 この日をもって活動を休止すると発表。
  • line 公式HP

イベント一覧

ただいま、予定されているイベントはありません。