綾戸智恵

綾戸智恵

幼少時から両親の影響でジャズとハリウッド映画に囲まれて育つ。 3才でクラシック・ピアノをはじめ、教会でゴスぺルを歌い、中学に入るとナイト・クラブでピアノを弾くようになる。17才で単身渡米。1991年に帰国、大阪のジャズ・クラブで歌い始める。 2003年、紅白歌合戦で熱唱した「テネシー・ワルツ」が大きな話題となり、これまでに売り上げたCDの枚数は100万枚を超える。 笑わせたり、泣かせたりのトークを交えながら、ジャズを中心にゴスペル、ソウル、ロック、ポップス、J-POPなど幅広いレパートリーを巧みにとり入れた綾戸智恵の個性的なステージは多くのファンを魅了し続けている。
  • line 公式HP

イベント一覧

全国